VPN 海外サーバー 違法か?いいえ、そんなことは・・

佐々木遥
佐々木遥

VPNを使った海外サーバーへのアクセスは、違法ではありません。

 

近年、オンラインプライバシーとセキュリティに対する関心が高まっています。多くの人々が、自身の個人情報やオンラインアクティビティを保護する方法を模索しています。その中で、VPN(Virtual Private Network)が注目を浴びていますが、一部の人はVPNの合法性について疑問を抱いています。

この記事では、VPNの法的側面に焦点を当て、その合法性や違法性について明確に説明します。VPNの使用が一般的に合法であること、ただし一部の国や状況においては制約があることを読者に分かりやすく伝えます。さらに、VPNの実際の利用方法やメリットについても詳しく説明します。

この記事を読むことで、VPNが一般的に合法であることを理解し、オンラインプライバシーとセキュリティを向上させるためにVPNを活用するメリットを認識できます。さらに、VPNを適切に使用する方法や注意点についての知識を得ることができ、安全なオンライン体験を実現する手助けとなるでしょう。

VPN 海外サーバー 違法|VPNが違法とされる国、VPNが合法の国

ワールドワイドウェブの利用がますます普及する中、プライバシーとセキュリティへの懸念も増加しています。VPN(Virtual Private Network)は、オンラインプライバシーを守り、セキュリティを向上させるために頼りにされているツールですが、その合法性は国によって異なります。以下では、VPNが違法とされる国と合法の国について詳しく説明します。

違法とされる国:

中国: 中国は厳格なインターネット検閲を実施し、非公式のVPNの使用を禁止しています。公式のVPNサービスも政府の監視下にあるため、オープンなプライバシーは制約を受けます。

ロシア: ロシアでは、政府のウェブサイトへのアクセスを遮断することを助けるためにVPNを使用することが違法とされています。ただし、合法的な目的のためのVPNは許可されています。

アラブ首長国連邦: アラブ首長国連邦では、未承認のVPNサービスの使用が違法であり、インターネットトラフィックを監視する規制があります。

合法の国:

アメリカ: アメリカでは、VPNの一般的な使用が合法であり、個人のオンラインプライバシーを保護する方法として受け入れられています。

カナダ: カナダもVPNの使用が合法であり、個人のセキュリティとプライバシーを向上させるために広く使用されています。

ヨーロッパ諸国: ヨーロッパの多くの国々では、VPNの使用が合法であり、プライバシー保護に関連する法律が整備されています。

VPNの法的状況は変動することがあるため、VPNを使用する前に国の法律を確認しましょう。合法的に使用することで、オンラインプライバシーとセキュリティを保護しましょう。

VPN 海外サーバー 違法|日本からアクセス規制された海外サイトを合法的に見る方法

日本からアクセス規制のかかった海外のウェブサイトにアクセスする方法は、合法的で安全な手段を選ぶことが大切です。以下は合法的な方法の一部です。

1. VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用する:

VPNを使用することで、インターネット接続を他の国にルーティングし、自分の場所情報を隠すことができます。これにより、制限されたウェブサイトにアクセスできるようになります。ただし、VPNサービスを選ぶ際には、信頼性のあるものを選び、個人情報のプライバシー保護に留意しましょう。
2. オープンDNSを設定する:

オープンDNSは、特定のウェブサイトへのアクセスを許可するためのDNS設定を変更する手段です。この方法を使うと、アクセス規制を回避できることがあります。
3. プロキシサーバーを利用する:

プロキシサーバーを介してウェブにアクセスすることで、自分のIPアドレスを隠し、規制されたサイトにアクセスできる場合があります。ただし、プロキシの信頼性とセキュリティに気をつけましょう。
4. インターネット規制を回避する技術を学ぶ:

インターネット規制を回避する技術について学び、自分のプライバシーとセキュリティを守りながら、制約のかかったサイトにアクセスする方法を探求することもできます。
これらの方法を使用する際、法律を遵守し、プライバシーに注意を払うことが肝要です。インターネット規制には国や地域ごとに違いがあるため、自分の行動が合法であることを確認しましょう。また、ウェブサイトのアクセス制限を回避する際に、安全で信頼性のあるツールを選択することが重要です。

 

VPN 海外サーバー 違法|安全!おすすめVPN5選

日本から海外サーバーに接続できる、おすすめVPNを5つ紹介します。

  • ミレンVPN
  • NordVPN
  • スイカVPN
  • Surfshark
  • ExpressVPN

MillenVPN(ミレンVPN)

料金 1ヶ月:1,496円/月(税込)
1年:594円/月(税込) 通常価格より43%お得
2年:396円/月(税込) 通常価格より62%お得
主な特徴 安心と信頼の国産VPN
通信速度 VPNプロバイダの中では高速
セキュリティ ノーログポリシー(ログ保存なし)
保証内容 30日間の返金保証
対応アプリ Mac, Windows, Android, iOS

MillenVPN(ミレンVPN)は、通信の安定性が特徴のVPNサービスであり、世界72箇所の地域で13,000個以上のサーバーを持ち、利用できる地域が限定されているサイトも制限を回避し、自由にアクセス可能です。

MillenVPN(ミレンVPN)の主な特徴について

  • 安心と信頼の国産VPN
  • 高速通信を実現しつつ、高いセキュリティレベルを保つ
  • ログなしポリシーの徹底
  • 30日間の返金保証

MillenVPN(ミレンVPN)は豊富なサーバー数と高いセキュリティに優れており、距離が離れた地域のサーバーでも高速で安全な通信が可能です。

NordVPN

料金 1ヶ月:1,520円/月(税込)スタンダードプラン
1年:630円/月(税込)スタンダードプラン
2年:450円/月(税込)スタンダードプラン
主な特徴 日本語の問い合わせ対応可
通信速度 AV-TEST GmbH(独立研究機関)によると、最速のVPN
セキュリティ 最新のセキュリティテクノロジーを活用
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chrome、Firefox、Edge

NordVPNはコストパフォーマンスに優れたVPNサービスとして有名であり、費用を抑えつつ安定した通信を行いたい方におすすめです。

NordVPNの特徴について

  • 世界60か国に5,400台以上のVPNサーバー
  • 通信容量は帯域無制限
  • 1つのアカウントで最大6台まで同時接続可能
  • 豊富な種類のアプリは操作しやすい

NordVPNは世界中の豊富な地域から利用するサーバーを選べるため、さまざまなコンテンツが楽しめるます。

NordVPNは業界初のログなしポリシーを保証しており、セキュリティレベルは非常に高いのが特徴です。

スイカVPN

料金 1ヶ月:1,097円/月(税込)
1年:約938円/月(税込)通常価格より15%お得
2年:約878円/月(税込)通常価格より20%お得
主な特徴 1ヶ月の料金が業界最安値だが、高いセキュリティ保護
通信速度 5種類の接続方式で高速、安全なトンネル通信で容量無制限
セキュリティ 暗号化で通信内容を保護、情報漏えいをガード
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Mac, Windows, Android, iOS

スイカVPNは高いセキュリティレベルの通信に特化したVPNサービスです。

厳しい情報管理が徹底されているため、安心してVPNを利用できます。

スイカVPNの特徴は以下の通りです。

  • ログなし方針の厳しいデータ管理を徹底
  • 土日も日本語サポート
  • 同時接続50台

スイカVPNは、ログなし方針のデータ管理を徹底しているため強力なセキュリティが完備されています。

高いセキュリティを保持しつつ速度も良好な安定的なプロトコルを採用し、ほぼすべてのOS・デバイスに対応。

Surfshark

料金 1ヶ月:1,748円/月(税込)
1年:539円/月(税込)通常価格より69%お得
2年:338円/月(税込)通常価格より81%お得
主な特徴 1年・2年プランが業界最安値、世界トップ5のVPNブランド
通信速度 高速プロトコル OpenVPN UDP / TCP
セキュリティ 強化された暗号化 AES 256 GCM
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Android、iOS、Windows、Mac、Linux、Chrome、Firefox、Amazon fire TV、Apple TVなど

Surfsharkは安い利用料金が人気のVPNサービスであり、充実したサポートが受けられることや同時接続台数が無制限であることから、初心者におすすめです。

Surfsharkの特徴については、以下の通りです。

  • 長期間の利用で格安
  • 同時接続台数が無制限
  • 24時間365日サポートに対応
  • ログなしポリシーのほか、MultiHopやキルスイッチに対応

Surfsharkは、1年プランや2年プランなどの場合は格安で利用できるので、長期的にVPSサービスを利用する方におすすめ。

セキュリティ面においてはログなしポリシーのほか、複数の国を介したネットワークによる個人情報を保護する機能の「MultiHop」、不正にデータを扱われないための「キルスイッチ」にも対応しています。

セキュリティレベルの高い通信が保証されているため、安心して通信が行えます。

ExpressVPN

料金 1ヶ月:約1,800円/月 料金は米ドル請求($12.95)
6ヶ月:約1,400円/月 料金は米ドル請求($9.99)
1年:約1,200円/月  料金は米ドル請求($6.67)
主な特徴 通信速度に特化している
通信速度 VPNネットワークにおいて速度を重視
セキュリティ AESと256ビット鍵(アメリカ政府と同じ暗号規格)
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Android、iOS、Windows、Mac、Linux、Amazon fire TV、Apple TVなど

ExpressVPNは高速通信に対応しているVPNサービスであり、独自のLightwayプロトコルを採用して超高速通信を実現。

日本にもサーバーを多く設置しており、日本から海外の利用だけでなく、海外から日本のコンテンツを楽しみたい場合にもおすすめです。

ExpressVPNの特徴

  • 世界94か国に3,000台以上の超高速サーバー
  • 帯域無制限の高速通信に対応
  • 最大5台まで同時接続可能
  • 独自プロトコルのLightwayにより超高速通信が可能

ExpressVPNも世界中にたくさんのサーバーを設置しているため、環境に合わせてさまざまな国のサーバーから通信が行えます。

独自のLightwayプロトコルのほか、OpenVPN、L2TP/IPSec、IKEv2も選択できるため、セキュリティ対策についてカスタマイズが可能。

 

VPN 海外サーバー 違法|注意事項

VPN(Virtual Private Network)はプライバシーを保護し、セキュリティを向上させる便利なツールですが、効果的に利用するためには注意が必要です。以下は、VPNを使用する際の注意事項です。

1. 信頼性のあるVPNプロバイダを選ぶ:

VPNプロバイダを選ぶ際、信頼性が高く、プライバシーを尊重するプロバイダを選びましょう。無料のVPNは注意が必要で、セキュリティが疑わしいことがあります。
2. VPNサーバーの選択:

VPNサーバーの場所を選ぶ際、あなたの目的に合わせて選びましょう。特定の国のコンテンツにアクセスする場合、その国に近いサーバーを選ぶことで速度が向上します。
3. ノーログポリシーの確認:

VPNプロバイダがユーザーのアクティビティを記録しない「ノーログポリシー」を提供していることを確認しましょう。これにより、プライバシーが保護されます。
4. マルチファクタ認証の使用:

アカウントのセキュリティを向上させるために、マルチファクタ認証(MFA)を有効にしましょう。これは、アカウントへの不正アクセスから保護する助けになります。
5. VPN接続の監視:

VPN接続が切断された場合、元のIPアドレスでアクセスされる可能性があるため、VPN接続が切れた場合は速やかに再接続するか、Kill Switch機能を使用しましょう。
6. 地域の法律を遵守:

VPNを使用して地域制限を回避する場合、その国の法律を遵守することが重要です。違法な活動に関与しないようにしましょう。
7. セキュリティソフトウェアの併用:

VPNだけでなく、信頼性のあるセキュリティソフトウェアを使用して、オンラインセキュリティをさらに向上させましょう。
これらの注意事項を守ることで、VPNを安全かつ効果的に使用でき、オンラインプライバシーとセキュリティを向上させることができます。 VPNは強力なツールであるため、正しく活用しましょう。

佐々木遙をフォローする
海外の動画サイト見るならかんたんVPN